有料老人ホームって何なのか知ってますか

有料老人ホーム、高齢化社会の日本で最近よく聞く言葉ですが、これって何なの?と聞かれるとしっかり説明するのって難しいですよね。


なんとなく介護施設って事だけは知ってるという方が多いのではないでしょうか。



介護施設にも種類があります。

特別養護老人ホーム、グループホーム、有料老人ホーム、他にもたくさんありますが、大きく特徴のあるこの三つの施設を説明してみます。

特別養護老人ホーム(特養)は、介護老人福祉施設とも呼ばれ、地方自治体や社会福祉法人が運営する公的施設です。要介護で緊急性が高い方を優先しての入居になるので、入居待機者数が非常に多いです。

グループホームは、民間企業や医療法人などが運営している場合が多く、少人数で共同生活を送りながら自立した生活を送り、認知症の進行を遅らせることを目的とした施設です。

有料老人ホームは、主に民間企業が運営しており、サービス内容も多種多様になっています。



自立した方から要介護で寝たきりの方まで、利用者のニーズに合わせたサービスを提供しています。

空きがあれば即時入居することも可能です。


有料老人ホームは高齢者が暮らしやすいように配慮した住まいで、日常生活を送る上で必要な食事の支度、洗濯、掃除などのサービスが付帯します。



周辺環境、雰囲気などを体感するための体験入居制度もあります。


このように介護施設といっても様々な種類の施設があり、特徴も異なります。


利用者の性格や生活環境などを考慮し、介護者本人や家族親族に負担のない施設を選ぶためには、先ずどんな施設が存在するのか知る事が大切です。