老人福祉法による老人ホームの種類

特別養護老人ホームとは要介護高齢者を入所させ、養護することを目的とする施設です。介護保険制度ができるまでは要介護高齢者のための入所施設として中心的な役割を果たしてきました。

介護保険制度の下でも、介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設としてサービスの中心的役割を担っています。この施設を設置できるのは都道府県や市町村、社会福祉法人に限られています。

養護老人ホームとは、老人福祉法に基づく措置にかかる者を入所させて養護するとともにその者が自立した日常生活を営みながら、社会活動に参加するために必要な指導や訓練その他の援助を行うことを目的とする施設です。



介護保険における特定施設に追加されました。


施設の従業者はサービス計画の作成等を行い、介護サービスは委託を受けた外部の居宅事業者が提供するサービス利用型として、特定施設の指定を受けることができます。

これにより養護老人ホームの入所者も特定施設入居者生活介護サービスを利用できるようになりました。
有料老人ホームとは、おもに民間事業者によって提供される高齢者の為の入居施設です。

入居費用や提供されるサービスの内容等もすべて当事者間の契約によって決められます。

社会福祉法人により運営され、一定の公的な規制がある社会福祉法人とは性質が異なります。



その為老人福祉法では食事の提供やその他の介護等を供与する事業を行う施設であって、老人福祉施設ではないものと定義されています。