老人ホームとはどんなものか

現在日本は超高齢化社会で65歳以上の人口が、25%を超えています。

4人に1人は老人の中で今後共注目されるのは、老人ホームについてです。
職員である介護福祉士の数は年々増えていってる老人に対して足りておらず、日本の大きな問題になっています。
この問題には、介護福祉士の仕事量に似合わない給料や、入浴介護などで腰などを怪我してしまい続けれなくなってしまうなどの原因があります。



老人ホームはどんなところでその選び方について説明します。
まず有料老人ホームやグループホームやケアハウスなど、サービス内容、目的、費用や入居条件などによって様々な種類があります。

選ぶ際にその中でも介護がどれくらい必要か、費用はどれくらいかが大事です。



要介護なのであれば、特別養護老人ホームやグループホームなどが選ばれています。

この2つの施設では、グループホームの方が費用がかかってしまいます。
認知症にはグループホームの方が向いています。

本人がある程度以上自立できている場合は、健康型有料老人ホームやシニア向け分譲マンションケア付き高齢者住宅などが選ばれています。

どちらとも費用は高めとなります。



ケアハウスなどはグループホームなどより介護の必要性はないという入居者の人に選ばれています。施設の選び方は複雑に思えるかもしれませんが、どの施設にも誰しもが入居することは出来ないので、事前にしっかり調べて適切な施設へ入れるようにしてください。